おまとめローンについて分かりやすく解説

おまとめローンとは、複数の金融機関からの借金を一本化するために借り換えをすることを言います。目安となるのは3社までとなり、4社以上になると難しくなりますので、多い場合は、金利の高い金融機関から優先的に返済するといいでしょう。審査には時間がかかり、1週間程度にまで及ぶこともあります。

消費者金融の場合は、借り入れをすることで、月々の返済負担や金利を抑えることが出来る性格上、申込者が一方的に有利になるために、総量規制の適用から外れ、収入の3分の1を超える金額であっても貸付が可能になります。新規でカードローンを組む時よりも審査基準が厳しくなり、在籍確認もなしに出来ませんし、収入証明書類も必要となります。もともと借入を利用していた人の場合は、良好な返済歴があれば、金融機関側からおまとめローンを勧められる場合があり、金利も低めに優遇されることがあります。ただ、おまとめローンは、返済専用のローンとなりますので、追加の融資は受けられませんし、返し終えるまでは、利用していたカードローンで借入することができません。

銀行のカードローンは、事業用の利用は禁止されていますが、それ以外の利用でしたら自由に使えます。元々総量規制の対象外であるため、おまとめローン代わりの利用を推奨している銀行もあります。申し込み手続きをする際に、用途におまとめや借り換え目的として記載する必要があり、会社の数や借入の正確な金額を書く必要があります。一般的に消費者金融よりも低めの金利になりますし、借入額が多いほど、金利が低く優遇されます。そのため、おまとめローンとして利用する場合は、より審査が厳しい傾向にありますので、信用情報に返済遅れの記載がある場合には、審査に通るのが難しい場合があります。

Comments are closed.